関ジャニ∞の47都道府県ツアーでわたしが出会った運命Girl

彼女との出会いは、8年前の夏まで遡る。



その日は関ジャニ∞47都道府県ツアーの地元公演だった。

1部、渋谷すばる団扇を手にしたわたしと、安田章大団扇を手にした友人は、1階席の真ん中2列目通路横、おそらく“良席”に含まれるだろうポジションに居た。
前の席の方々が盛大に遅刻して来た為、登場の瞬間などはまさに目と鼻の先に特攻服姿の7人が現れるという、今で言うファンタスティック胸キュンな滑り出し。
当時のわたしは、「遠くの他メンより近くの自担」スタイルを貫いており、基本渋谷すばる大倉忠義を血眼で追っていた。

そう、まるで気が付かなかったのだ。





コンサートも終盤、突然誰かに肩をどつかれた。
なかなかの衝撃だったこともあり、まず席移動をかましたヲタクの仕業を疑ったわたしは、眉間にシワを寄せながら即座に振り返ったが、それらしき人物は見当たらない。
何かがおかしい。





不思議に思いながら正面に向き直ると、視界に金髪のチンパンジーが飛び込んできた。
これは一体どういうことだろう。





事態を把握するまでどれくらいの時間を要したか記憶にないが、きっと一瞬で理解したに違いない。
自分のすぐ横を安田章大が走り抜け、肩ポンでも壁ドンでもない“肩ドン”をお見舞いしてくれたと。
この一連の出来事は、今でも大切な思い出だ。
そしてわたしは、当時やっていたブログに稚拙なレポを投稿し、安田章大肩ドン事件の詳細ももちろん書き記した。
すると1人の横山裕担からコメントが届いたのだ。
なんと、わたしが安田章大に肩ドンされる一部始終を実際に見たというではないか。
事件の目撃者現れる、である。



これがあゆさんとの出会いだ。

偶然にも同い年で、あれから8年経った今でも仲良くさせていただいているが、彼女程面白い女性はなかなか居ない。
一時期わたしたちの間で、ある種のネタとしてだが、Question?の伊郷アクンが流行ったことがある。
するとあゆさんは、Question?が事務所の大先輩のマッチさんと組んだ一度限りの幻ユニット、「MATCHY with QUESTION?」のイベントにまでわざわざ足を運び、トルコのギター小僧こと伊郷アクンにファンレターを書いたのだ。
横浜アリーナから「何て書けばいいと思う?」と電話をくれたのが昨日のことように思い出し笑い出来る。
更に、会場のスタッフさんに書きたてホヤホヤのファンレターを渡したところ、マッチさん宛だと勘違いされるあたりもさすがあゆさん。

そんな彼女は、3月9日が誕生日。

横山裕のソロコンに連れて行ってくれた。

キスブサを教えてくれた。

今年こそ一緒にコンサート入ろうね。

ありがとう、あゆさん。

おめでとう、あゆさん。



溢れる思いは無限大!