いまもずっと泣いて今日もずっと泣いて

今週のお題「2018年の抱負」 今年はジャニヲタとしてではなく、一人の人間としてほんとのほんとにサイテーでサイアクの一年で、例えば師走に祖母が突然亡くなったりしたわけだけど、世の中にはきっとわたしなんかより大変な人間、今この瞬間も不安で気が気じ…

その罪は終身刑で足りますか

2017年一番良かった映画は、ルーム。 観たのは2017年3月6日だから、もうほぼ一年前と言ってもいいくらいだけど、その後ルームを越える映画とは今年出会えなかった。この映画が他と絶対的に違って、わたしが強烈に惹かれたのが、実際に起こった事件を元にして…

溺れるナイフで溺れたヲタク

映画『溺れるナイフ』 公式サイト 監督/山戸結希 原作/ジョージ朝倉|TOP 映画が好きです。だからこそ正直に言わせて貰うと、この映画は劇場で観る程のものではないと思います。原作未読の身からすると、コウちゃんと夏芽の出会いが雑に描かれていたような気…

わたしがレッツゴー6匹で泣く理由

レッツゴー6匹 ※V6の13枚目となるオリジナルアルバム『The ONES』に収録 6人の仲の良さが伝わってくるようなアカペラで始まるこの曲は、井ノ原快彦がプロデュースしたもの。作詞と作曲を手掛けたのは、井ノ原自身も大好きだという池田貴史(レキシ)。レキシ…

先生!KAT-TUN中丸雄一くんにピッタリな役、見つけました。

田舎の漁村で、妹のウンジ(リュ・ヘヨン)と2人で生活しているジャンウ(チュウォン)。他界した両親に代わって懸命に働いてウンジを養ってきたジャンウだったが、何者かに彼女を殺されてしまう。その後ジャンウは、妹のために死者の魂を慰めるとされる救魂…

森は知っている(ネタバレあり)

南の島の集落で、知子ばあさんと暮らす高校生の鷹野一彦。 東京からの転校生・詩織の噂話に興じるような、一見のどかな田舎の高校生活だが、その裏では、ある組織の諜報活動訓練を受けている。 ある日、同じ訓練生で親友の柳勇次が、一通の手紙を残して姿を…

西加奈子と今江大地

僕はこの世界に、左足から登場した。 西加奈子さんの小説、『サラバ!』上巻は、主人公のこんな台詞から始まる。 そんな主人公の友人として登場する、“須玖”というキャラクターが居る。 主人公が男子校のサッカー部で出会い、大きな影響を与えるこの“須玖”つ…

ジャニヲタとヒメアノ〜ル

ヒメアノール【hime-anole】[名詞][造語]“アノール”とはトカゲの1科である。イグアナ科アノール属に含まれるトカゲの総称。165種ほどがある。最大の種でも全長が40cmほど。雄ののどには色彩豊かな袋状の飾りがあり、テリトリーを守るためにこの飾りを他の雄…

白状します。9年前まで森田剛のことが苦手でした。

今週のお題が「今年見に行ってよかったもの」ということなので、初めてお題に挑戦してみようと思う。わたしが今年見に行ってよかったものと言ったら、それはもう「V6 LIVE TOUR 2015-SINCE 1995~FOREVER-」一択だ。ちなみに入ったのは11月1日のオーラス公演…

100人好きって言ってくれる人が居たらその倍嫌いな人が居ると思え

「街を歩いていて声をかけられるのはお前が一生懸命、頑張ったからだ。だけど、100人好きって言ってくれる人がいたら、その倍、嫌いな人がいると思え」これはわたしの大好きな俳優さんが子役時代、とある先輩から言われた言葉だそうです。わたしは今、Twitte…

無知な事務所担から見たジャニーズJr.〜岩橋玄樹編〜

最初、岩橋くんには何の興味もなかった。今でも特別詳しいわけではない。彼に注目したきっかけは、少クラ内のコーナー、“Jr.にQ”である。その回のテーマは、“その時ボクの歴史が動いた”、内容は以下の通りだ。岩橋「2年前の初めてのジャニーズワールドで、神…

グズが仙台セキスイハイムスーパーアリーナへ行くとこうなる

今月、NEWSのコンサートへ行った。感想となると、「最高」のひと言で終了してしまうので、あくまで旅の記録として簡単にまとめておこうと思う。そう、わたしの遠征は常に危険と隣り合わせなのだ。10代の頃、ジャニーズカウントダウンコンサートへ行ったもの…

関ジャニ∞の47都道府県ツアーでわたしが出会った運命Girl

彼女との出会いは、8年前の夏まで遡る。 その日は関ジャニ∞47都道府県ツアーの地元公演だった。1部、渋谷すばる団扇を手にしたわたしと、安田章大団扇を手にした友人は、1階席の真ん中2列目通路横、おそらく“良席”に含まれるだろうポジションに居た。 前の席…

ジャニーズテラスハウス

「どうにか横と山田と暮らして、隣におけんてぃ先輩がだらしない彼女とでも同棲かヒモ生活して、たまにわたしの家来てくれないかな。」(原文のまま) 日曜の午後、こんなLINEが届いた。おい、何だこの夢のあるお話は。送り主は、わたしと同い年のあゆさん。彼…