グズが仙台セキスイハイムスーパーアリーナへ行くとこうなる

今月、NEWSのコンサートへ行った。

感想となると、「最高」のひと言で終了してしまうので、あくまで旅の記録として簡単にまとめておこうと思う。

そう、わたしの遠征は常に危険と隣り合わせなのだ。

10代の頃、ジャニーズカウントダウンコンサートへ行ったもののホテルが取れず路頭に迷い、駅の構内で元旦の朝を迎えたこともあれば、帰りの夜行バスに乗り遅れそうになり東京駅を死に物狂いで駆け巡ったあげく、目の前で発車されたこともあった。

もうお気づきだろうか。全て己の甘さが招いた結末である。グズだ。

そして今回、仙台でもやらかしてしまった。ここまでくるとアホの極みとしか言いようがない。

というのも、例の如く危うく開演に間に合わない所だったのだ。セキスイハイムスーパーアリーナへ足を運んだ経験がある方なら皆さんご存知の通り、セキスイハイムスーパーアリーナは不便な場所にある。まず仙台駅から最寄りの利府駅までなかなかの距離で、更にバスでの移動となる為、時間もお金もかかる。

いや、そんなのは百も承知の上だった。過去何度も味わってきたのだ。

ところが当日のわたしときたら、ギリギリまでホテルの部屋で呑気にNEWSのDVDを観ていた。あの時の自分のみぞおちに渾身のグーパンチを食らわしたい。

案の定、時刻表といくらにらめっこしてみても次の電車は30分後、どうやっても間に合わない。チケットは友人の友人が持っており、会場で手渡しの予定だったので、まあ焦る。焦るも何も残された道はタクシーしかないのだが、ひとしきり焦る。

というわけでタクシー乗り場に降り立ったはいいが、午前中は山程居たはずのヲタクちゃんが全然見当たらない。ますます焦る。するとキョロキョロしていたわたしたちの元へ、NEWSのバッグを手にしたかわい子ちゃん2人が小走りで駆け寄ってくるではないか。なんと予約しているタクシーに一緒にどうですかと、これ以上ないありがたいお誘い。





ジーザス!!!!





いつの間に一度死んでまた生き返る魔法かけられてたの!東京から来たというかわい子ちゃん2人の未来に幸あれ!

しかし外は雨、最悪のコンディションの中タクシーでも約40分を要し、すんでのところで団扇を購入、席に着いて呼吸を整える間もないまま目の前にNEWSが現れた。

ちなみに席はアリーナAブロック、アリーナかスタンドかも聞いて居なかったわたしはひたすら棒立ち。近い。とにかく近い。小山!ああ!小山!

実に8年ぶりのNEWSのコンサートは、まさしく「最高」だった。

関ジャニ∞の47都道府県ツアーでわたしが出会った運命Girl

彼女との出会いは、8年前の夏まで遡る。



その日は関ジャニ∞47都道府県ツアーの地元公演だった。

1部、渋谷すばる団扇を手にしたわたしと、安田章大団扇を手にした友人は、1階席の真ん中2列目通路横、おそらく“良席”に含まれるだろうポジションに居た。
前の席の方々が盛大に遅刻して来た為、登場の瞬間などはまさに目と鼻の先に特攻服姿の7人が現れるという、今で言うファンタスティック胸キュンな滑り出し。
当時のわたしは、「遠くの他メンより近くの自担」スタイルを貫いており、基本渋谷すばる大倉忠義を血眼で追っていた。

そう、まるで気が付かなかったのだ。





コンサートも終盤、突然誰かに肩をどつかれた。
なかなかの衝撃だったこともあり、まず席移動をかましたヲタクの仕業を疑ったわたしは、眉間にシワを寄せながら即座に振り返ったが、それらしき人物は見当たらない。
何かがおかしい。





不思議に思いながら正面に向き直ると、視界に金髪のチンパンジーが飛び込んできた。
これは一体どういうことだろう。





事態を把握するまでどれくらいの時間を要したか記憶にないが、きっと一瞬で理解したに違いない。
自分のすぐ横を安田章大が走り抜け、肩ポンでも壁ドンでもない“肩ドン”をお見舞いしてくれたと。
この一連の出来事は、今でも大切な思い出だ。
そしてわたしは、当時やっていたブログに稚拙なレポを投稿し、安田章大肩ドン事件の詳細ももちろん書き記した。
すると1人の横山裕担からコメントが届いたのだ。
なんと、わたしが安田章大に肩ドンされる一部始終を実際に見たというではないか。
事件の目撃者現れる、である。



これがあゆさんとの出会いだ。

偶然にも同い年で、あれから8年経った今でも仲良くさせていただいているが、彼女程面白い女性はなかなか居ない。
一時期わたしたちの間で、ある種のネタとしてだが、Question?の伊郷アクンが流行ったことがある。
するとあゆさんは、Question?が事務所の大先輩のマッチさんと組んだ一度限りの幻ユニット、「MATCHY with QUESTION?」のイベントにまでわざわざ足を運び、トルコのギター小僧こと伊郷アクンにファンレターを書いたのだ。
横浜アリーナから「何て書けばいいと思う?」と電話をくれたのが昨日のことように思い出し笑い出来る。
更に、会場のスタッフさんに書きたてホヤホヤのファンレターを渡したところ、マッチさん宛だと勘違いされるあたりもさすがあゆさん。

そんな彼女は、3月9日が誕生日。

横山裕のソロコンに連れて行ってくれた。

キスブサを教えてくれた。

今年こそ一緒にコンサート入ろうね。

ありがとう、あゆさん。

おめでとう、あゆさん。



溢れる思いは無限大!

ジャニーズテラスハウス

「どうにか横と山田と暮らして、隣におけんてぃ先輩がだらしない彼女とでも同棲かヒモ生活して、たまにわたしの家来てくれないかな。」(原文のまま)



日曜の午後、こんなLINEが届いた。

おい、何だこの夢のあるお話は。

送り主は、わたしと同い年のあゆさん。彼女との出会いは割とキセキなので、詳しくはまたの機会に書くとして、今回は関ジャニ∞横山裕担とだけお伝えしておこう。
そして彼女は、Hey!Say!JUMPの山田涼介を溺愛している。ちなみに横山と山田は誕生日が同じで、過去に「左目探偵EYE」というドラマで共演も果たしており、我々は2人を横山田と呼んでいる。

突如として送られてきたLINE、何故中島健人がヒモ生活なのかはさておき、単純に「ズルい!羨ましい!」と思った。ならば、わたしはどうすればいい。しかし、そこはあゆさん優しい。
左隣は中島健人で埋まっているが、右隣の部屋なら空いていると、快く住居を提供してくれた。よし、そうと決まれば善は急げ、大倉忠義小山慶一郎はいただこう。あゆさん宅には、たまに渋谷すばる村上信五が訪ねてくるという。こちらも負けてはいられない。大倉と小山に先輩風を吹かしてもらって、有岡大貴と岡本圭人を呼び出そう。
だが、これではジャニーズ事務所の人間が不自然に密集し過ぎている。とんだ欲しがりさんだ。此処はジャニーズマンションか。ふとテラスハウスが頭に浮かんだ。幸いにもあゆさんとわたしは、テラスハウス放送時、リアルタイムで実況しながら視聴していた為、イメージを膨らますのは容易であった。
もしテラスハウスをご存知ない方、一度も見たことのない方は、Wikipediaに軽く目を通してから仮想テラスハウスにお付き合い下さい。

テラスハウス (テレビ番組) - Wikipedia

そう、テラスハウスが舞台なら、男子の数を3人に絞らねばならない。まず、あゆさんの要望で初期メンバーに決まったのが、藤ヶ谷太輔宮田俊哉、さすがとしか言いようのないチョイスだ。顔面のバランスの安定を求め、残り1名には戸塚祥太をねじ込んでみたものの、宮田も戸塚も趣味に没頭して男子部屋から一歩も出て来ず、藤ヶ谷がリビングでネイルケアに講じるという構図が出来上がってしまった。あゆさんとわたしで藤ヶ谷を女子部屋に招き、何度か相談にのり説得も試みたが、まもなく彼は卒業を選んだ。黒板に「Thank U xxx…」と難解なメッセージを残して。時は同じく、戸塚が謎の失踪を遂げる。

そして新メンバーが2人やって来る。リモアのスーツケースを転がし、サングラスをかけ颯爽と登場したのが、スーパースター山田涼介だ。一方、グレゴリーのリュックに無造作ヘアーで現れたのが伊野尾慧、明治大学理工学部建築学科に在籍しているそう。「山田は最初気に食わないけど、寝起きにやられる。」とあゆさん。ところが、山田は多忙であまり帰って来ない。
わたしたちは、徹夜で勉強し、疲れてリビングで眠ってしまった伊野尾の寝顔を眺めるのが日課になる。もちろん朝は「大学いってらっしゃい!」のあいさつも欠かさない。宮田はアニメを見ている。海外小説を読みながらソファーで寝落ちしてしまった伊野尾にすかさず毛布をかけるわたしたち。「山田は帰って来たら、タコライスを作ってくれる。」とあゆさん。宮田はアニメを見ている。
ある日、伊野尾が友人を連れて来る。中島裕翔、システムエンジニアらしい。その後、予期せぬ事態が起きたり起きなかったりで、わたしが中島の会社の前で彼の仕事が終わるのを待ち伏せするシーンなんかも導入される。本当は八乙女光や、重岡大毅が入居するまで続くのだが、いい加減目を覚まそう。実は、ペット代わりに女子部屋でこっそり有岡大貴を飼う案まであった。いや、やっぱり止めよう。

読み返すと宮田や山田の職業設定など、詰めの甘い部分も見受けられる。そもそも何故男子は3人なのに、女子は2人なんだ。もしも「こんな展開はどうだ?」「こいつを忘れてないか?」諸々意見があったらお願いしたい。一応、横山裕等の年齢層ちょっと上組がスタジオでモニタリングしていることになっている。溢れる夢は無限大だ。では、最後に一言、





あー!楽しかった!

(BGM:We Are Never Ever Getting Back Together/Taylor Swift)

一ジャニヲタがHey!Say!JUMPをおじゃんぷちゃんと呼ぶようになるまで④

「この子たち仲良いじゃん!」

何と言ってもこれに尽きる。

Hey!Say!JUMPのコンサートDVDを初めて鑑賞して最も意外だったこと。

9人は仲が良い。

そもそも誰に何を吹き込まれたわけでもないのに、何故仲が悪いと決めつけていたのか、今となってはそれこそ“∞ミステリー”だが、メンバーが9人も居て仲が良いはずないと、まるで強迫観念に近い確固たる自信さえあった。

あの頃のわたしの鼻をへし折ってやりたい。

元々わたしは、仲の良いグループやコンビが好きだ。別に仲が良いのがグループとして正しい在り方というわけではないし、それ以前に仲が良いか悪いか、本当のことなんて我々には知る術もない。もっと言うと、本当のことなんて実際どうでもいいのだ。そんなものは“言ったらぶっ飛ばす”してやる。要するに好みの問題だ。他のグループと比べる必要だってない。

わたしは単純に、仲の良い雰囲気がより全面に押し出されているグループに憧れ、また強く惹かれる。そして、コンサート中のHey!Say!JUMPがまさにそうだった。メンバーがメンバーの元へ駆け寄り、顔を見合わせ笑う。それすら自分のイメージにはない光景だった。一体何がそこまで面白いのかと、こちらがおいてけぼりを喰らう程のわちゃわちゃ感、ここまでくると完全に予想外である。中島裕翔に至っては、変なモノ拾って食ったんじゃねえかってくらいのはしゃぎっぷり。キメキメの山田涼介にも容赦なく絡む。

あまりに意外だった為、知ったような口で「やまりょとゆーとって仲悪いんじゃないの?」とソフトクリームに夢中の友人に問うたところ、「昔はいろいろあったみたいだけど、多分今は仲良いよ〜」と優しく教えてくれた。(ふんぞり返って可愛いを連呼するわたしによくまあソフトクリームを投げ付けずに居られたものだと思う)

どうやらこの件に関しては、本人たちも当時を振り返り、複雑な心境だったと吐露しているようだが、考えてみたらいろいろない方がおかしい。

そうだ、彼らももう成人した大人なのだ。

デビュー前に何があったのか、デビュー後に何があったのか、全てを把握することは不可能だが、若くしてメンバーの脱退を経験した9人は、想像以上に強い絆で結ばれているのではなかろうか。しかし何より大事なのは、今現在、ステージに立つHey!Say!JUMPが最高に輝いていた、紛れもない事実である。それだけで十分だった。一ジャニヲタがおじゃんぷ沼への小さな一歩を踏み出すには。

そのあまりの仲の良さから、事務所の偉いさんに「たまにはケンカして!」と提案されたなどのほっこりエピソードをわたしが耳にするのは、まだもう少し先のことである。





つづく

一ジャニヲタがHey!Say!JUMPをおじゃんぷちゃんと呼ぶようになるまで③

わたしは多重人格者なのだろうか。

もしかしたらかの有名なヒッチコック作品「サイコ」でお馴染み、ノーマン・ベイツさながらの不気味な笑みを浮かべていたかもしれない。
それくらいの豹変っぷりだったろう。
いや、大丈夫だ。母親は生きているし、そもそも実家はモーテルなど経営していない。

実際はそんなことを考える余裕はなかったが、しばらくしてあることに気付いた。
何だか人一倍元気のいい子が居る、と。
ステージを所狭しと駆け回り、ピョンピョン飛び跳ね、しかも笑顔は崩れない。背が高く、体も軽そうだ。あれは…そう…

「え!?ゆーと!?!?」

紛れもない、中島裕翔、その人である。

もちろん知っている。

彼は、わたしが出戻るきっかけとなった伝説のドラマ「野ブタをプロデュース」に、修二こと亀梨和也の弟役で出演していたし、SUMMARYやDREAM BOYS等でもおいしいポジションを与えられており、ジャニー喜多川の“スペオキ”と言っても過言ではなかったからだ。
では何故驚いたのか。理由がある。

それは、わたしが中島裕翔に対し「大人しい普通の子」というイメージを昔から抱いていたこと、更には「グループを抜けたがってそう」などと大変歪んだ色眼鏡で見ていたことが原因だ。ところが、その身勝手な固定概念は、あっさりと崩壊する。

テレビの中の彼は大人しいどころかはしゃぎまくり、普通の人間には発することの出来ない輝きを放っていた。当たり前だが、グループを抜けたがっているようにも思えなかった。何より、ファンサービスが一番行き届いていたように感じた。(あくまで個人的な感想)

この頃はちょうど、Sexy Zone佐藤勝利の目がいかに死んでいるかを検証する生活を送っていたせいで、より衝撃が強かったのかもしれない。

「もちろん知っている」

とんでもない思い込みだった。

ところが、Hey!Say!JUMPの逆襲がまだ始まったばかりであることを、この日のわたしはまだ知らない。





つづく

一ジャニヲタがHey!Say!JUMPをおじゃんぷちゃんと呼ぶようになるまで②

全国へJUMPツアーとは、その名の通り、2013年4月から8月にかけて12都市で行われた、Hey!Say!JUMPの全国ツアーである。

もちろんそんなことは知る由もなく、友人の解説(DVDに収録されているのは長野ビックハットでの公演だとか)を聞きながら鑑賞していたわけだが、わたしが黙っていられるわけがない。

やれスタイルが悪いだの、やれ髪が長いだの、ブログなんぞには到底載せられないような罵詈雑言を浴びせた。「ちょ…可哀想だからやめたげて…」と止めに入った友人の声をも見事かき消した程だ。

しかし、そんなわたしのやさぐれた心を癒してくれたのが、伊野尾慧と有岡大貴、俗に言う「いのあり」である。

「良く見たら可愛い顔してる」というのは聞き慣れたフレーズだが、彼らは「良く見なくても可愛い顔してる」のだ。

そうなると、かける言葉は一つしかない。

「可愛い!!!!!!!!!」

割と早い段階で妖怪可愛い言いたがりババアと化した。

あのような大画面(漫喫のシアタールーム)でHey!Say!JUMPだけを目にする機会などなかった為、今まで気が付かなかったが、一人一人がとても良い表情をしてステージに立っているんだなと。

9人は正直多過ぎると思っていた。

9人も居る必要性はあるのか疑問に感じていた。

9人を知ろうともしなかった。

そしてわたしはついに見付けてしまった。

終始ニコニコしながらファンに手を振る眩しい彼の姿を。





つづく

一ジャニヲタがHey!Say!JUMPをおじゃんぷちゃんと呼ぶようになるまで①

「嫌い」という程でもなかった。

「好きではない」とも違う。

ならば「興味がない」これか。

もしくは「どうでもいい」かもしれない。

しかし、いくら興味がなかろうが、多少の情報は入ってくる。

ただしそれも、あくまでなんとなくだ。

物心ついた時からジャニヲタとして生きてきただけあり、メンバー全員顔と名前は一致していたし、まだデビューする前にジャニーズwebで伊野尾慧の着ボイスをダウンロードしたこともある。
当時は有岡大貴を生意気にアリーと呼び、山田涼介を見る度可愛い可愛いと連呼していたら、友人に団扇をいただいた。(今にしてみればあれは彼にとって初めてのソロ団扇であった)
更に金八時代には、薮宏太の「お前らいつまで3Bやってんだよ」という棒台詞に衝撃を受け、プリクラの落書きのネタにしていたこともある。
相方(懐かしい響き)とカラオケに行けば、NEWSニッポンのやぶひか高音ボイスをこぞって真似した。

わたしにとってHey!Say!JUMPとは、それ以上でもそれ以下でもなかったのである。

きっかけは明白だ。

去年、久々に会ったJr.担の友人(先の山田団扇をプレゼントしてくれた友人と同一)と一緒に、満喫でヲタ会をすることになった。
当初はわたしが購入したばかりのSexy ZoneのSexy Secondを見る予定であったが、Blue-rayが再生出来ず、その他ダビングしたDVDも備え付けのデッキでは読み込めなかった。
更にその日は時間もなかった。

そこで友人が持参していた全国へJUMPツアーを見ることになったのである。

目を疑った。

そこには、ジャニーズ事務所の名に恥じることなく立派に成長した9人が居た。





つづく